カミソリの使い方OK・NG

カミソリの使い方OK・NG

ムダ毛の自己処理で真っ先に槍玉に上がるカミソリ。
「カミソリで剃ると毛が濃くなる」などの噂が広まっているためかと思われますが、ほとんどは医学的な根拠のないデマです。
そもそも毛は毛穴から生えるものですから、カミソリで剃ったくらいで毛穴の数が変わるわけではありません。
濃く見えるのは毛の断面が毛先より太く見えるからです。
しばらく放置して毛先が尖るくらいになると、剃る前とほとんど変わらなくなっているでしょう。

 

カミソリは「すぐにムダ毛を減らしたい!」ときには最も有効な手段です。
例えばタイツ・ストッキングをキレイに穿きたい日に、うっかり未処理ポイントを見つけてしまったときなどですね。
また、レーザー治療でもすぐに全ての毛がなくなるわけではないので、一時期どうしても毛が出てくる期間があります。
そういうとき、少ない刺激で処理できて、クリニックでも「使って良いですよ」とされているのはカミソリなのです。
エステやクリニックでの処理と除毛クリームなどを併用してしまうと、毛ではなく地肌にダメージを与えてしまい、次回の施術に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

 

カミソリだったら、そもそも刃物ですから肌に傷をつけないように使いますよね。
しかし肌へのダメージが完全にないわけではないので、剃った後のケアはとても重要です。
きわめてわずかではありますが、摩擦によって皮膚が削れてしまうことがあるからです。
このため、皮膚の薄い人や敏感な人はカミソリでの処理はやめておいたほうがいいでしょう。

 

ダメージを軽減するコツは二つ。
乾いた状態でカミソリを当てないことと、剃った後に十分保湿することです。
前者はスムーザーのついたカミソリを使う、ボディソープやシェービングクリームを併用するなどでカンタンに対応できます。
後者はお顔のケアと同じように、薄く化粧水や乳液を塗ればOK。
乾燥が気になる場合はボディバター等でもいいでしょう。

 

加えて、あまり頻繁に剃らないことも大切です。
特に体の毛は毎日何ミリも伸びるようなものではありません。
指や腕など人の目に触れやすいパーツはついつい毎日剃りたくなってしまいますが、その分皮膚を削るようなもの。
いずれアフターケアが追いつかなくなるかもしれませんので、せめて1日おき・1週間に数回程度にとどめておきたいところです。

 

カミソリは妊娠・授乳・生理中など、お肌が敏感なときでも痛みを感じにくい処理方法でもあります。
こうした期間中は光やレーザーによる脱毛ができないのですが、ムダ毛を放置するわけにも行きませんよね。
ですから、正しいやり方を覚えておくのは決して損ではありませんよ。

毛抜きでのムダ毛処理はすぐやめて!

自己処理で最もやってはいけないとされる方法があります。
それは毛抜きで一本ずつ毛を抜くこと。
剛毛の人ほどやってしまいがちな傾向があるようですが、絶対にやめてください。

 

なぜかというと、毛抜きは毛穴やその近くの汗腺に与える影響が大きすぎるのです。
毛抜きで無理やり毛を抜くと、だいたいの場合痛いですよね。
この痛みや物理的な刺激は、毛穴や汗腺にも伝わります。
毛穴の形が歪んで埋没毛や毛嚢炎の原因になったり、汗腺が刺激されてワキガの原因になることもあるのです。

 

毛抜きで処理する場所として多いのは、ワキやVIOなど毛が太い・濃いパーツ。
「剃るとジョリジョリして気持ち悪いから」と毛抜きを選ぶ人が多いようですね。
ですが、もしデリケートゾーンで埋没毛や毛嚢炎になったらどうします?
皮膚科で見てもらうのはすごく恥ずかしいですよね。
そうならないためにも、毛抜きでの処理はやめておきましょう。

 

ただ、ブラジリアンワックスや他の脱毛・除毛方法での処理残しをカバーするために毛抜きを使うというくらいなら大丈夫です。
そこだけ剃ると違和感がありますし、1〜2本のためにまたワックスを塗ったりするのも面倒ですものね。
これはブラジリアンワックス脱毛をやってくれるサロンでも行われている方法です。
つまり、日常的にずっと毛抜きで処理するのは大問題ですが、たまにやるくらいなら大丈夫だということ。

 

メイクをするとき眉毛を整えますよね?
眉毛が多い方だと毛抜きで形を整えることも多いですが、毎日はやりませんよね。
ムダ毛も同じで、あまりにも頻度が多くなければ毛抜きを補助的に使うのは問題ないのです。

 

さらにダメージを減らすためには、毛抜きで抜こうとする毛の周りの皮膚を、少しだけ抑えておくといいですよ。
これは脱毛器のソイエでも使われている方法で、刺激も痛みも軽減することができます。
もしくは毛の根元ギリギリを摘んで抜くようにすると、同様にダメージを抑えられますよ。
どちらにしろ、アフターケアは念入りに行ってくださいね。

 

まとめると、「毛抜きをメインの脱毛方法にしてはいけない」「剃り残し・処理もれのフォローに使う」「肌にダメージを与えない工夫をする」という点を抑えておけば、毛抜きを使っても大丈夫ということになります。
決して毛抜きで全部の毛を一日に処理しようとしてはいけません。
キレイになるための脱毛で逆に汚くなってしまわないように、これだけはしっかり覚えておきましょう。