ダメージを減らす乾かし方

髪に良いのは自然乾燥?それともドライヤー?

ドライヤーの熱は髪に悪いから自然乾燥の方が良いと思っている人はいませんか。

確かにドライヤーの熱は髪にダメージを与えてしまいます。
間違った乾かし方だとなおさらです。
しかし、髪は濡れている状態が1番ダメージを受けやすい状態になります。
なので、たまに濡れたまま寝る人がいますが絶対にやめて下さい。
ダメージを受けやすい状態で、枕などに髪が擦れてしまうとどんどん酷いことになってしまいます。
そのため、15分以内に自然に乾かないようならドライヤーで乾かした方が髪のためには良いのです。

 

ドライヤーで髪を傷めないためにも正しい乾かし方を知っておきましょう。

正しい乾かし方〜タオルドライ〜

ドライヤーの前に大切になってくるのがタオルドライです。
ここをしっかりやることで、ドライヤーの時間を短縮できダメージを減らすことができます。
しかし、ここで間違った方法でしてしまうと髪はすごいダメージを受けます。
なので、正しいタオルドライの方法を覚えて下さい。

 

1、タオルドライ前に手で水気を切る
いきなりタオルで拭こうと思っても水分が多すぎて、とても吹きづらくなります。
なので、タオルで拭く前に手で優しく水分を切りましょう。
この時に強く擦ったり絞ったりしてはいけません。
優しく根元の方から少しずつキュッキュッと押して水気を切ります。

 

2、タオルで頭皮を押さえるよう水分を取る
頭をゴシゴシしがちですが、絶対にしてはいけません。
タオルで優しく頭皮を押さえるように拭いていきます。
毛先から拭いても根元の方から水がたれてくるので、頭皮からです。
こうすることで、髪の毛の水分も結構拭くことができます。

 

3、髪の毛をタオルで優しく挟む
ここでもゴシゴシ禁止です。
傷みやすい状態の髪をゴシゴシしたら、髪にとっては拷問です。
なので、優しくタオルで挟み軽くトントンするように水分を取ります。

 

タオルドライは絶対にゴシゴシ禁止です。
優しく優しく水気を取っていきましょう。

正しい乾かし方〜ドライヤー〜

ドライヤーは適当に乾かしていてもなかなか乾きません。
ポイントを押さえ、素早くそしてまとまりのある髪に仕上げましょう。

 

まずはドライヤーをするときのポイント
・風量の強いものを選ぶ
・ドライヤーは20cmは離して使う
・1箇所に風を当て続けない
・髪を振らずに、ドライヤーを左右に動かす
このポイントを押さえながら乾かしていきます。

1、頭皮を乾かす
毛先から乾かしてしまうと、根元が乾くころには毛先はパッサパサです。
なので、髪を掻き分けて頭皮から乾かしていきます。
髪の多い後頭部から乾かすと良いでしょう。

 

2、髪全体に上から下に向けて乾かす
全ての根元が乾くころには中間から毛先にかけてある程度乾いています。
なので、髪全体に根元から毛先にかけて手櫛で軽くとかしながら風を当てます。
ここで8割程度まで乾かします。

 

3、冷風を当てる
8割程度乾いたら冷風を当て仕上げをしましょう。
冷風を当てることで乾かし過ぎを防ぎ、さらに熱で軟らかくなったキューティクルを引き締める効果もあります。

 

このように頭皮→中間と乾かしていきます。
ドライヤーを終わりにする目安は、髪に手を入れてみてなんとなくしっとりしている感じがベストです。
半乾きとしっとりは違うので間違わないようにしましょう。