機械の説明

機械の説明

まずは機械の説明から始めましょう。
脱毛には大きく分けて毛抜きやシェーバーなどの物理的な方法と、機械を当てて毛を取り除いたり、生えてこないようにする方法があります。
後者の場合はさらに光脱毛とレーザー脱毛に分かれるのですが、脱毛サロンでやっているのは概ね光脱毛のほう。

 

レーザーは出力が大きく、永久脱毛できるという利点があるものの、医療行為になるため医師でなければやってはいけないことになっているからです。
サロンにいるスタッフは医師ではありませんから、光脱毛しかできません。
しかし光脱毛がダメとかまったく効かないということはなく、レーザー脱毛よりも優れた点も存在します。

 

それは何といっても費用
レーザーの場合、医療行為ではありますが健康保険の対象にはならないため、かなり高額な費用になってしまいます。
脱毛は美容面ではムダなものですが、生えること自体は病気ではないのでこういう扱いになるのです。
多毛症という病気による体毛増加であっても、病気の治療には保険が利きますが、レーザーなどで脱毛する場合は保険対象にならないくらいです。

 

それに対し、サロンで行う光脱毛の場合は一回あたりの費用がかなり抑えられるのです。
だからこそ通う人が多く、競争も激しいんですね。
サロンごとに使っている機械が違いますし、照射範囲やコースにもよるのでどこが一番おトクに感じるかは人次第です。

 

もうひとつのメリットは、痛みが少ないこと。
光もレーザーも毛の色に反応して焼くようなものなので、多少の痛みはあるのですが、レーザーのほうが光より痛いと感じる人が多いようです。
クリニックの案内ではだいたい「輪ゴムではじかれた程度」と書かれているものの、「激痛が2日間続いて、通う気にならなくなった」という人までいます。
痛みに対する耐性もまた人それぞれなので、レーザーでも平気な人もいますが、「痛いのは絶対イヤ!」という人は脱毛サロンのほうが向いているでしょう。

 

光にもいろいろな種類がありますが、始めのうちは詳しく知らなくてもいいでしょう。
技術は日々進歩しますので、そこまで調べていると追いつかなくなる可能性があるからです。
ヘンな勘違いをして、間違った知識がついてしまっても困ってしまうでしょう。
どうしても知りたい場合は、脱毛したいパーツに何が効くのかという点に絞り込んで口コミを検索してみてはいかがでしょうか。
掲示板やブログなどでもいろいろな脱毛方法を試している人がいますので、幅広いところを見てみると見つかるかもしれません。