シャンプー&コンディショナー

正しい洗い方でツヤツヤサラサラヘアー

シャンプーには髪や頭皮の汚れや皮脂を落とすことを目的にしています。

リンスは髪の表面を油分でコーティングすることで髪から水分が蒸発することを防ぎ、手触りを良くする働きがあります。
コンディショナーはリンスよりもコーティング力が強いもののことを言います。
リンスとコンディショナーは同じ働きなので、どちらを使っても問題はありません。
シャンプーとコンディショナーは正しくおこなえば、髪をツヤツヤサラサラにすることが出来ます。
逆に自己流の間違った洗い方で洗うとダメージをどんどん酷くしてしまうことがあります。
そのため、自己流はやめて正しい洗い方で洗うようにしましょう。

シャンプーの正しい方法

1、ブラシでとかす
目の粗い櫛でとかしてください。
髪の絡みをとくことでシャンプーの際に無理に引っ張ったりしてダメージを受けるのを予防します。

 

2、お湯でしっかり素洗いをする
髪は濡らすだけでなく、お湯で洗うように全体を濡らしていきます。
この時地肌までしっかり濡らすことが大切です。
こうすることで、髪についている7〜8割程度の汚れが落とせます。
お湯は38〜40℃程度の温度が良いでしょう。
温度が高すぎると頭皮の乾燥の原因になり、フケの原因にもなります。

 

3、シャンプーを手に取り泡立てる
シャンプーを泡立てずにそのまま洗い始める人も多いと思いますが、しっかり泡立ててください。
洗顔の時にしっかり泡立ててから洗うのと同じで、頭皮も肌です。
しっかりキメの細かい泡作りましょう。
ネットを使って泡立てても良いでしょう。

 

4、頭皮〜毛先を洗う
シャンプーは髪を洗うと言うよりも頭皮を洗うイメージです。
泡立てた泡をしっかり頭皮に付くようにして洗います。
下から上に向かって指先で円を描くように頭皮をマッサージしながら優しく洗います。
こうすることで血行も良くなり綺麗な髪になります。
そして、髪の毛は泡で優しく包むように洗います。
この時に下を向いたまま洗わないで下さい。
下を向いて洗うと髪が逆毛状態になり、キューティクルを傷める原因になります。
髪もゴシゴシ洗うことは禁止です。
ダメージの原因になります。
指の腹で優しく洗いましょう。

 

5、すすぐ
しっかり時間をかけてすすぎましょう。
簡単に泡だけ落とせば言い訳ではありません。
2分くらい時間をかけて頭皮の泡までしっかり落とします。
シャンプーが髪や頭皮に残ってしまうと、フケやかゆみの原因になります。
この時も上を向いたまますすぎます。
そして生え際からしっかりすすいでいきましょう。
耳の後ろやうなじなどはすすぎ残しが多いので、そこにも気をつけながらすすぎましょう。

 

6、軽く水をふき取る
この後のトリートメントやコンディショナーなどは油分が多いため、水分が多いとしっかり効果を発揮できません。
そのため、優しくタオルで髪を挟むように水分を取ります。
間違ってもゴシゴシしてはいけません。

リンスorコンディショナーの正しい方法

リンスとコンディショナーはシャンプーかトリートメントの後に使います。

 

1、適量を手に取る
多いからといって効果がアップするわけではありません。
髪の長さによるので、自分で量は判断しましょう。

 

2、毛先からなじませていく
シャンプーと違い髪をコーティングして潤いを逃がさない目的があります。
そのため、1番傷んでいる毛先から優しくなじませていきます。
この時の注意点は、ゴシゴシしないことと地肌に付けないようにすることです。
ゴシゴシはダメージの原因になるので絶対しないで下さい。
地肌に付けるとフケやかゆみの原因になるので注意が必要です。
頭皮に付けて使うものも中にはあるので、説明を読んで正しく使いましょう。

 

3、1分程度放置
コンディショナーやリンスはすぐに洗い流しても十分に効果はあります。
しかし、少し置くことでなじみが良くなります。

 

4、すすぐ
シャンプーと同じように生え際からしっかりすすいでください。
たまに少しぬめり感がある方が効果がありそうだと思っている人がいますが、それは間違いです。
髪にコンディショナーが残ってしまうとフケやかゆみの原因になります。
そのため、しっかりすすぐことが大切です。
ぬめり感がなく、手触りが良くなるまでしっかしすすぎましょう。